TOP > 組織について

組織について

名 称 特定非営利活動法人 こども夢未来プロジェクト
所在地 岡山市大安寺東町10-1
設立趣旨

 現在、社会教育は、青少年教育、成人教育、高齢者教育、家庭教育への支援など、様々な形で行われています。 その中でも、子どもや青少年に対しての社会教育は、学校外で行われる体系的な教育活動であり、学校教育とともに生涯学習社会における教育活動の重要な部分を占めています。
特に、次世代を担う子どもや青少年が文化芸術・スポーツに触れる機会を得ることは、健やかで心豊かな人間性や多様な個性を育み、ひいては次代の文化を支える基盤となると考えられています。また、低年齢からの自然体験活動については、五感を十分働かせ自然への気づきを促し、完成を育む体験を積ませるだけでなく、異年齢集団の中で、ルールを守ることや我慢することの大切さなどを身に付けたり、思いやりの心や、積極的に役割を果たしていく責任感を養っていくと言われています。
  このような子どもや青少年に対する生涯学習社会づくりを目指して、「誰もが」「いつでも」「どこでも」学びたいことが学べるよう、多様な学習機会や場を提供するとともに、「ゆとり」の中で、子どもたちに「生きる力」を育むことが大切であり、そのためには、学校、家庭、地域社会がそれぞれの教育機能を発揮し、相互に連携を図ることが大切です。子どもたちの「生きる力」や「豊かな心」を社会全体で育めるよう、家庭および地域社会の教育機能のネットワーク化と充実に努めることが必要です。また、子どもは地域における遊びや異年齢集団との交流、さらには地域での活動を通じて、他者を思いやる気持ちやコミュニケーション能力等を身に付けることができるのであり、多様な人々との交流を生み出す地域は、子どもの健全な成長にとって重要な役割を担うことが期待されます。
  このような中、当法人では、主に子どもを中心とした地域住民を対象に、様々な芸術文化・スポーツ活動を行いながら、異年齢集団の中で子どもたちが切磋琢磨する大切な機会を提供することで、個々の年齢や技術、目的等に応じた生涯学習の普及を図るとともに、心身の健康増進とコミュニティの場としての芸術文化・スポーツ環境作りの確立・促進活動を通じて、広く福祉の増進活動と社会の公益に寄与することを目的とします。

設 立 2006年 4月
代 表 理事長 : 中藤 光男